週間人気記事ランキング

別の不動産経由で内見依頼が来た時の担当者のやる気の無さがハンパない

別の不動産経由で内見依頼が来た時の担当者のやる気の無さがハンパない

自宅マンションを売りに出して約2週間。ここまで3件の内見者がいらっしゃいました。

関連記事 :戸建て住み替えに向けて自宅マンションを売りに出しました

そのうち2件は、直接お願いしている不動産屋さん経由で、もう1件は別不動産経由で担当不動産屋に依頼があったパターン。

もし成約に至った場合は前者が両手、後者が片手というわけですね。

両手・片手とは

「両手」とは
物件が成約に至った場合の仲介手数料を、買主、売主の両方から貰えるケース。不動産屋にとって一番おいしいパターンと言える。
「片手」とは
物件が成約に至った場合の仲介手数料を、買主、売主のいずれから貰えるケース。例えば、買主側が別の不動産屋経由で紹介された場合は、片手となる。

まぁ、私の立場だと自宅マンションが希望の金額で売れれば問題ないので、お願いしている不動産屋さんが両手になろうが片手になろうが関係ないというわけですね(笑)

ただ、担当している不動産屋さんから見ると両手で成約できれば利益が単純に2倍になるし、売主・買主の調整も自分でコントロールしやすいので、当然両手を狙っていきます。

両手・片手それぞれの不動産屋さんのやる気の違い

ここまで3件の内見対応で、両手ケース2件、片手ケース1件でしたが、明らかに不動産屋さんのやる気が違いました(笑)

両手の時は、あんなに一つ一つ熱く説明していたのに、片手の時は質問されない限りは内見者の後ろを黙ってついていくだけ。いやぁ、ここまで露骨だとこちらも笑いそうになってしまいましたね。