週間人気記事ランキング

楽しくない飲み会に参加する時、私は3つの目標を作って突撃します

楽しくない飲み会に参加する時、私は3つの目標を作って突撃します

忘年会のシーズン。
普段より飲み会の回数も多いし、飲む人も普段とは違った人と飲むことも多いです。

基本的にお酒を飲むことは好きですが、「飲み会」は時と場合によってはあまり好きではなかったり。

「楽しくない」飲み会の時に私は3つの目標を持って参加することにしています
今回は、そのことについて、ログっておこうかと。

完全に持論をツラツラ書いとります。

飲み会で楽しい時

楽しい時は楽しいんです。
「楽しい」に理由は不要かもしれないけど、自分の場合は下記のような時。

・会話が弾む
・たくさん話かけてもらえる(興味をもってもらえる)
・話しかけたら反応がよい
・ためになる話を聞ける
・意外な一面を見る(知る)ことができる

こんなところでしょうか。
いずれも、1つでも当てはまれば「楽しかったなぁ」、「行ってよかったなぁ」と思えます。

自分が飲み会やイベントを企画する時は、コンテンツ云々よりもまずはこの観点で考えます。

飲み会で楽しくない時

先に述べた「楽しい時」の要因が1つも無ければ「楽しくない」ですね。

さらに下記のような時は、不快な気分にすらなります。

・いわゆる「(後輩などへの)いじり」が多い
・セクハラ(お互い楽しいなら良いですが)
・とにかくマナーが悪い

まぁ、当たり前といったら当たり前ですかね。

「楽しくない」飲み会を「楽しくする」ために

結論としては、「難しい」と思っています。
楽しくないもんは、楽しくないから仕方がない。

悲しいかな。
こんな楽しくないことに「時間」、「お金」、「体力」、「精神力」が削がれるので、ツライったらありゃしない。

なので、私は勝手に自分の中で3つの目標をもって飲み会に臨みます

⒈ とにかく顔と名前を覚えてもらうために、何でもこなす。
⒉ とことん付き合ってみる。朝まででも、どこでも。
⒊ とにかく食って、飲む。店のノウハウが蓄積できる。

もう完全に自己満足です(笑)
正直、「自分の心をある程度、無にする」必要があるので、上記のような行動が適切とは言えません。

でも、これで人間関係が円滑に回るなら結果オーライ。
こうやって「目標」を達成した自分を認めることで、少しは救われる気がします。

おわりに

なんだか、まとまりのない文章になってしまいました(^^;)

ホント楽しい時は、とことん楽しいんですけどね。
反面、「ツマらない飲み会だろうなー」と分かりつつ参加することをいつまで続けるんだろう・・・と思う時は正直あります。

「付き合い」だから。
こう自分に言い聞かせながら、明日も「ツマらない」と思われる飲み会に参加してきます。