週間人気記事ランキング

万人力の油そばを食べ続けて6年!東京案内時に連れていきたい入谷の隠れた名店です

万人力の油そばを食べ続けて6年!東京案内時に連れていきたい入谷の隠れた名店です

「油そば」をご存知でしょうか?
いわゆる「汁なしラーメン」のようなものですが、この「汁なしラーメン」を昇華させたものを「油そば」と呼びます。

私は上京して油そばの存在を知ったのですが、その旨さにすっかりハマってしまいました。
その中でも特に私が一番と思う油そばがあります。

そう。それが、今回紹介する東京都台東区入谷駅から徒歩1〜3分程度のところにひっそりと店を構える「油そば専門店 万人力」。
2009年から通い続けているので、かれこれ6年くらいの付き合いですw

一時期は毎日通っていた万人力w
今回はこのお店の魅力をタップリとお伝えしたいと思います。

目次
1.油そばとは
2.入谷駅から万人力までの行き方
3.これが万人力の油そばだ!
4.まとめ

1.油そばとは

まずは、改めて「油そば」について。
先ほど「汁なしラーメン」の昇華版とザックリ紹介してしまいましたが、もう少し詳しく説明すると下記のようなものを「油そば」と呼びます。

Wikipediaより
油そば(あぶらそば)とはスープのないラーメンの一種である。
調味料を和えるラーメンであり、どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べる。具はメンマ、チャーシューなど少量。店によっては油そばではなく、「もんじゃそば」、「まぜそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などと称する。

油そばの最大の特徴は「アツアツの麺を丼底の醤油ダレと一緒にかき混ぜつつ、お酢とラー油も混ぜ込んで食べる」こと。
お好みでニンニクなんて入れると更にうまいです。

そして、ラーメンと違ってスープがないのでヘルシー。
カロリー的にもラーメンより低いことを謳っているお店が多いですね。

「うおーっ!また油そば食いにいきてぇぇ・・・っ!!」と思う中毒性は、ラーメン、つけ麺より高い気がします(笑)

ということで、ラーメンやつけ麺とは一線を画すニュージェネレーションな麺文化。
それが「油そば」というわけです。

2.入谷駅から万人力までの行き方

さて、そんな油そば店の中でも私が今回おススメするお店「万人力」への行き方を説明します。
(地図はお店のHPを参照ください)

(1)東京メトロ日比谷線で入谷駅まで着いたら「出口3」から地上に上がりましょう。
(他の出口だと若干遠くなります)
入谷駅

入谷駅
(2)地上に出たら目の前に「新宿とんかつ さぼてん」があるので見つけてください。
03

(3)「新宿とんかつ さぼてん」から奥に入っていく「金美館通り(きんびかんどおり)商店会」を進んでいきましょう
金美館通り

(4)「金美館通り(きんびかんどおり)商店会」を1, 2分歩くと、「万人力」の看板が目に入ってきます。
万人力

(5)「万人力」に到着。お店の中に入っていきましょう!
万人力

3.これが万人力の油そばだ!

さて、前置きが長くなってしまいましたが、券売機で食券を買って油そば着丼を待ちましょう。

お店はカウンターのみの15席。
空いているなーと思っていても、席数が少ないのであっという間に満席になります。
(お昼時や夕方〜夜間は賑わってますね)
万人力
IMG_1875
店内には油そばの食べ方を記したものが目に入ります。一度目を通しておきましょう。
万人力

そうそう。今回私がオーダーしたのはこちら。

・油そば大盛(650円)
・万人トッピング(350円)
・明太子(150円)

(価格は2015/5月時点のものです)

なお、万人トッピングは「半熟卵、刻み海苔、メンマ、ネギ(青or白を選べます)、もやし」をまとめたセットのことです。
また、明太子は期間限定のトッピングです。
(他にも期間限定で色々なトッピングを提供しているので、ぜひお店で見かけた際に試してみては♪)

こちらが、そのトッピングたち。
(そうそう、今回は注文しませんでしたが、チーズも合うのでお試しあれ。)
万人力トッピング注文から10分くらい待っていると、お待ちかねの油そばが着丼しました。

万人力油そばこれに先ほどのトッピングをぶち込みますよ♪
(私の好みで、もやしに唐辛子を加えています)
IMG_1879これに、お酢とラー油、お好みでニンニクやすりゴマも入れちゃいましょう♪
混ぜ終わったらアツアツのうちに一気に胃袋にかき込みます
(もし、食べ方が分からなくても店員さんに聞けば親切に教えてくれます。こうやって、少しずつ油そばが世に浸透していくんだなと思います)

もうね、このモチモチの麺にタレがよく絡んでいて喉越し最高なんですよっ!!!
油そば万人力ああぁぁ・・・もう幸せ。なにこれ、うますぎでしょう・・・!!
醤油タレの旨味と、お酢の酸味、ラー油のコクが一気に口の中に広がります

なんていうか、飽きがこないんですよね。

また、油そばは自由度の高い食べ物なので、食べ進めている途中で、お酢やラー油、その他トッピングを追加して変化を付けるのもアリ

あるいはトッピング具材を乗せる前にタレと麺をかき混ぜておいて、その後にトッピングを乗せて混ぜずに食べるという手もアリ
これはこれで、トッピング具材の味一つ一つを味わえますよ。

いずれにしろ、とにかく旨いんです!

4.まとめ

今回は私が6年間通い続けている入谷の油そば店「万人力」さんを紹介しました。

ここだけの話、ひどい時は1日2食食べ続けるくらいハマっていましたw
さすがに今は遠くに引っ越してしまったので、たまにしか来店しませんがやっぱりいつ来ても旨いです。

ちなみに入谷は万人力以外にも名店が多いんですよ。
その一端を紹介しているブログも、合わせて紹介します。

入谷の路地裏、古民家カフェ「イリヤプラスカフェ」でパンケーキをいただく。|そふぁねブログ

【入谷・さいとう】駅徒歩1分な人気割烹の豪快すぎる海鮮丼!約20種もの魚介類てんこ盛りで税込1,050円はもはや“ラスボス丼”と称するにふさわしいレベル|己【おれ】

入谷界隈-「大塚」で天ぷらランチ|「美味しい!」が好き

万人力から20分くらい歩くと浅草にも行けるので、東京観光に来た友人を万人力経由で浅草に案内することもあります。
未だに謎なのですが、こんな下町なのに外国人客が万人力に来ることもしばしば。

店員さんも慣れているようで、上手に対応してらっしゃいますね。
そういうところも大好きです。

ぜひ、お近くに寄った際は訪問してみてはいかがでしょう。

参考 :油そば万人力HP