週間人気記事ランキング

30代サラリーマンの私が実践している夏の臭い対策

30代サラリーマンの私が実践している夏の臭い対策

今年も暑い季節がやってきましたね。

夏は日が長くなったり、イベントが盛り沢山なので好きな季節なのですが、その反面で気になるのが「汗による臭い」。

「必死に働いているんだから汗をかいて、臭かろうが関係ねぇ!!!」

少し前までの私は、まさにこのタイプでした。はい。きっと、私の臭いが気になっている方たちが少なからずいたことでしょう・・・

しかしながら、つい最近ファッションを気にするようになった私。今年の夏はスマートに乗り切ることにチャレンジしています。具体的には「汗をかいても、臭くないように過ごす」ことです。

毎年、梅雨前には「汗をかきまくったまま臭い」私でしたが、今年は上記のチャレンジのおかげでうまく過ごせているように思えます。

今回は、そんな私が実践している「夏の臭い対策」について紹介していきます。

目次
1.そもそもなぜ夏は臭うのか
2.臭いの元それぞれの対策
3.おわりに

1.そもそもなぜ夏は臭うのか

「夏は汗をかいて臭くなりやすい」というのは周知の事実ですが、「じゃあ何が原因なの?」と言われると意外と知らなかったりします。私もそうでした。

色々と調べると、臭いの根本原因は、雑菌の繁殖。これが臭いの元になっているようです。日本の夏のような高温多湿な環境は、雑菌が繁殖するにはもってこいの環境ということですね。

ということで、「雑菌を繁殖させにくい環境を作っていくこと」が、臭い対策につながっていくというわけです。

2.臭いの元それぞれの対策

ここからは「雑菌を繁殖させにくい環境」を作るべく、私が実践している「臭い対策」を紹介していきます。

2.1.頭皮

頭皮の臭いは特に気にしなければいけない部位といえます

人と会話する時など、少し近づくだけで頭皮が臭いとバレてしまいます。また、汗と油で髪の毛がテカってくると、見た目的にもよろしくないですよね。

そこで、私が実践している頭皮の臭い対策は、「夜だけでなく、朝も頭皮をシャンプーで洗うこと」です。

たったこれだけです。たったこれだけですが、日中帯に臭うことはなくなりました。

夜だけシャンプーだと、寝ている時にかく汗や油を貯めたまま出かけることになるので、どうしても日中帯に臭いやすくなるというわけです。

ちなみに、私は油っこい頭皮なのでこちらのシャンプーを使っています。

・サクセス薬用シャンプー(エクストラクール)
 

頭皮の油をしっかり落としてくれるので、かれこれ10年このシャンプーを使っています。
(最近は嫁さんも、このシャンプーを使っている様子・・・)

2.2.ボディ

ボディもできるだけ、朝洗うといいでしょう。ただ、時間が無い時などは夜に洗っておけば、朝は洗わなくても大丈夫だと思います。(私は股間周りだけ朝も洗っています)

ただ、私のようなオッサン臭を抑えてくれるボディソープがあるので、そちらを使って洗うようにしています。

・マーロ

・デオウ

個人的にはマーロの柑橘系の香りが気に入っていますが、デオウの洗浄力も捨て難いので交互に使用している状況です。

なお、外出先で汗をかきすぎた場合はボディーシートを使うようにしています。

ただ、ボディーシートは1日に多様すると余計な皮脂まで落としてしまい肌に良くないそうなので、多くても1日2度くらいを目処に使っています

2.3.足の裏(靴の臭い)

サラリーマンをやっていると、1日中靴を履いて過ごすことになります。そのため、脱いだ時のモワッとする臭いはたまりませんよね。

この臭いの原因も足の裏や靴の中で、細菌が繁殖しているから。

こればっかりは足や靴を頻繁に洗うわけにもいかないので困っていましたが、強力な対策アイテムを見つけ解決することができました。

・グランズレメディ

私が試した限り、グランズレメディは、「最強の足の裏(靴の臭い)対策アイテム」と断言できます。このグランズレメディのおかげで、まったく臭いが気にならなくなりました。

グランズレメディの容器の中は白い粉が入っていますが、これを同梱のスプーンに取り靴の中にバラまいて履くだけ。
半日程度で、足の裏の汗で溶けてなくなると同時に除菌、消臭されます。

1点、難点があるとすると、「すぐに靴を脱げない」こと。白い粉が足の裏に付いているので、頻繁に靴を脱ぐ職場だと使い方に苦労するかもしれません。

2.4.尿の臭い

私はずっと自分のズボンから尿臭がすることに悩んでいました。こちらの対策は、下記記事に詳しく書いたので興味のある方はぜひご覧くださいませ。

参考 :スーツのズボンが尿臭くて悩んでいた私が実践した対応策

2.5.口臭

最後は口臭。こちらも人と話す時に臭いと一発アウトになってしまうので気を付けたい箇所です。

歯磨きをすることは当然ですが、舌の汚れを歯ブラシで落としたり歯間ブラシで歯と歯の汚れを落とすなどすると、より口臭対策につながります

3.おわりに

いやぁ・・・こうやって書くと臭い対策だけでも結構気を使っているなぁと、我ながら感じてしまいました。

ただ、自分の臭いで相手に不快な思いをさせたくない、お互い気持ち良く過ごしたいという思いから、今も実践している次第です。

もし、臭い対策でお悩みの方がいらっしゃれば、この記事が参考になれば幸いです。