週間人気記事ランキング

FF13 iOS版はLTE、4G通信速度でもプレイできるがWiFi環境でプレイすべしと言うたった一つの理由

FF13 iOS版はLTE、4G通信速度でもプレイできるがWiFi環境でプレイすべしと言うたった一つの理由

30分間のお試しプレイを経て、購入しましたよFF13 iOS版

この30分間のお試しプレイは何度も試すことができるので、身の回りの通信環境で問題なくプレイできることを確認してから購入しました。
お試しプレイを何度もやって確認した結論としては「3Gなどの低速回線でない限りプレイ可能だが、WiFi環境でプレイすべし!」です。

今回はこの結論に至るまでの検証プロセスを書いておこうと思います。

目次
1.そもそもFF13 iOS版のプレイ環境とは
2.FF13 iOS版を快適プレイできる通信速度を検証
3.FF13 iOS版はLTE, 4G環境でも問題なくプレイできるが極力WiFi環境でプレイすべし
4.まとめ

1.そもそもFF13 iOS版のプレイ環境とは

iOS版FF13は通常のスマホゲームのように、ゲーム本体をスマホにダウンロードしてプレイする形式ではありません。

ゲーム本体はクラウド(Web)上のゲーム用サーバで動いており、スマホにダウンロードしたサーバ接続用のアプリケーションから常にインターネット通信を行いながらプレイする方式のようです。(クラウドゲーム方式ってやつですね)

下記にiOS版FF13のプレイ環境と、一般的なスマホゲームのプレイ環境を比較した図を作ってみたので、ご参考までに。
(たぶんこんな感じですw)

クラウドゲーム

iOS版FF13と一般的なスマホゲーム比較図 (素材:Digipot様:http://www.digipot.net)

上記のような違いから、iOS版FF13をプレイするにあたり、スマホに求められる性能はハイスペックなメモリやディスク容量ではなく「快適にプレイできる通信速度」になってきます。

運営会社によると、iOS版FF13を快適にプレイできる通信速度は「安定した3Mbps以上の通信速度。高画質で楽しむには、安定した6Mbps以上の通信速度」とのことです。

ちなみに、その他対応iOSバージョンや機種もコチラに記載されていますので、念のため購入前に確認しておくことをオススメします。

でも、実際に自分のスマホが普段どれくらいの通信速度なのかなんて気にしないですよね。
ということで、自宅のWiFi環境や外出時のモバイル環境でも快適にプレイできるか検証してみました。

2.FF13 iOS版を快適プレイできる通信速度を検証

今回はこんなアプリを使って、通信速度を実際に計測しながら検証しましたよ。
スクリーンショット 2015-04-11 19.19.24

Speedtest.net Mobile Speed Test

このアプリで、今スマホで使っている通信速度を計測することができるんです。

今回は下記のパターンで通信速度を計測し、その速度でiOS版FF13の動作確認を行いました。

(1)自宅WiFi環境
(2)ファーストフード店の無料WiFi環境
(3)4G環境

上記パターンの通信速度とiOS版FF13の動作確認結果は、以下のとおり。

(1)自宅WiFi環境
下り:96.22 Mbps
上り:48.55 Mbps

自宅WiFi問題なくプレイ可能。
動作が重たくなることも皆無。

(2)ファーストフード店の無料WiFi環境
下り:10.34 Mbps
上り:5.97 Mbps

ファーストフトードWiFi問題なくプレイ可能。
画面内の動きが多い場面では若干画質が荒くなる気がする・・・くらい。(気のせいかも)
動作が重たくなることも皆無。

(3)4G環境
下り:34.37 Mbps
上り:4.27 Mbps

4G
問題なくプレイ可能。
画面内の動きが多い場面では若干画質が荒くなる気がする・・・くらい。(気のせいかも)
動作が重たくなることも皆無。

3.FF13 iOS版はLTE, 4G環境でも問題なくプレイできるが極力WiFi環境でプレイすべし

さて、ここからが本題。
上記で検証したパターンで動作確認を行った結果、現在使われている一般的な通信速度であればまずプレイ自体には問題ないことが分かりました

「じゃあ4Gだったら、どこでもプレイできるね♪」と思いがちですが、私個人としてはオススメできません。
WiFi環境でプレイすることをオススメします!」

というのも、上記検証のために4Gで約10分間プレイしたときのモバイル通信量がハンパないからです。
こちらを見てください。
IMG_1855

これはiPhoneの「設定 > モバイルデータ通信」から確認した結果です。
10分間で211MBの通信量が発生しています
つまり、単純に計算すると約50分で1GB(1024MB)の通信量が発生することになります。

大抵の場合、契約されているキャリア会社(Softbank、au、Docomoなど)は1月や1日あたりの通信量限度を設けています。
契約プランにもよるかと思いますが、私の場合3日間の合計通信量が1GBを超えると、通信制限されてしまいます。

ということは、私の場合はたった50分でその通信量制限を超えてしまう・・・というわけです(汗)
このような切実な理由から、iOS版FF13をプレイする際はWiFi環境でプレイすることをオススメします!!

4.まとめ

今回はiOS版FF13のお試しプレイを何度もやって確認した結果「3Gなどの低速回線でない限りプレイ可能だが、WiFi環境でプレイすべし!」という結論に至った経緯を書きました。

ゲームプレイで生じる通信量がハンパないわけですね。

しかし、これからこのような「クラウドゲーム方式」でスマホでゲームをプレイすることが主流になってくることが予想されるので、ゲーム好きな方はWiFi環境の導入を検討した方がよいかもしれません。

ということで、今日は自宅でゴロゴロしながら、iPhone6 PlusでFF13を楽しむとします♪
(あぁ、ヴィニラかわいいよヴァニラ・・・)

関連記事 :iOS版FF13をiPhone6 Plusでプレイ開始!移動操作には慣れが必要だが概ね快適

関連記事 :メビウスFFの1バトルあたりのデータ通信量を画質別にiPhoneで比較してみた