週間人気記事ランキング

おこづかい制でも大丈夫!高価なカメラやレンズを無理なく購入するオススメの方法

おこづかい制でも大丈夫!高価なカメラやレンズを無理なく購入するオススメの方法

このブログを読んでくださる方は、カメラ・レンズをお持ちの方や、これから買いたいという方が多いかと思います。

一眼レフやレンズって、その魅力に取り憑かれてしまうとどっぷりとハマってしまいますよね。
次から次へと欲しくなる!
私もそうです(笑)

でも、カメラやレンズは高価なものばかり。
なかなか気軽に買うわけにもいきませんよね。

そこで今回は、私が実践している「カメラやレンズを無理なく買うための方法」を紹介します。

結論から言ってしまうと継続して貯金すること!これだけです

「なーんだ。そんなの当たり前っしょ!?」ってお思いかもしれません。
もちろん、ここでカメラやレンズ購入に向けて既に貯金されてる方は素晴らしいです!

でも中には、つい使い過ぎて貯金できない方もいらっしゃるかと。
そこで、ぜひ「私が実践している貯金方法」を参考にしていただければと思います

使う前に貯金する

これだけです!でも、これが一番重要。
例えば、私の場合だと毎週使うお金から先に2,000円貯金しています
(もちろん毎月単位でも構いませんが、ここでは毎週単位の貯金で話を進めますね。)

先に述べたように、ここでの重要ポイントは「先に貯金してしまう」こと
そうすれば、残ったお金で否が応でもやりくりするしかありませんよね。
これで使い過ぎで貯金できないことを防ぎます

私の場合は、ネット銀行を開設して、そちらに毎週2,000円を振り込むようにしています。
ちょっとずつ残高が増えていくのを見るのは、地味に楽しいですよ(笑)

毎週2,000円貯金の妥当性について

ここで、毎週2,000円貯金を続けた場合、1年間でいくらたまるのか計算してみましょう。

1年=約52週なので、毎週2,000円貯金した場合は下記金額を貯金することになります。

2,000円×52週=104,000円

結構たまりますよね!
純正Lレンズには手が届きませんが、シグマのArtレンズなら購入できる金額になります

例えば、1年間貯金した後、特に欲しいものがなければ翌年に繰り越せばよいんです。
仮に翌年に繰り越して、さらに1年間貯金を続けると倍の208,000円になりますよね

ここまでくると、かなり選択肢が広がります。
例えば2年後にはきっと出ているであろう「フルサイズカメラCanon EOS6D2」も購入できるはずw

毎週2,000円貯金は難しい?

私の場合は、下記をやることで無理なく貯金を継続できています。

・毎日1杯ずつコーヒーを飲む回数を減らす → 150円×7日=1050円の節約
・平日ランチ代を平均200円少なくする → 200円*5日=1000円の節約

ほぼこれだけです。
あとは、コンビニで無駄にお菓子やジュースを買わないとかで、無理なく毎週2,000円は節約できます。

もちろん、節約できる項目や貯金額は人それぞれ。
1日1箱のタバコを2日で1箱にするでもいいし、お酒を1杯分減らすでもよいと思います。

貯金額だって1,000円でも500円でもいいんです。要は無理なく続けられることが大切。
何もやらなければ、いつまでたっても0円ですが、いくらでもいいから続けていればその分貯金できるので

まとめ

今回は、高価なカメラやレンズを無理なく購入する方法として「私が実践している貯金術」を紹介しました。

この方法の良い点は、家庭に負担をかけることなく「自分自身」の中で完結できるところだと思っています
先に貯金してしまい、後は残金を使い果たさないように少しずつ無理なく節約することが継続するコツなので、ぜひチャレンジしてみはいかがでしょう。

そうそう、大事なことを書き忘れていました。

(独身の方は問題ありませんが)、配偶者がいる方はちゃんと相談してから実践してくださいね♪

関連記事 :カメラやレンズを購入して後悔しないための3つの方法