週間人気記事ランキング

Apple WatchのリモートカメラアプリはiPhoneカメラを使った写真ライフを劇的に変えるポテンシャルを秘めていると思う

Apple WatchのリモートカメラアプリはiPhoneカメラを使った写真ライフを劇的に変えるポテンシャルを秘めていると思う

ついに出ましたね!Apple Watch!

Apple WatchはiPhoneでもお馴染みの各種アプリケーションが内蔵されているので、これからはiPhoneをいじる代わりにApple Watchをいじっている人が増えてくるかもしれませんね(笑)

さて、そんな中で私が注目しているアプリケーションが、Apple Watchに内蔵されたリモートカメラ機能

これを使えばiPhoneを固定し、離れた場所からApple WatchをタップすることでiPhoneカメラのシャッターを切ることができるそうです
一見地味ですが、iPhoneで写真をよく撮る方には非常に有用なアプリケーションだと言えます。
タイトルにも書いたとおり、iPhoneカメラを使う方の写真ライフを劇的に変えるポテンシャルを秘めていると思っています。

Apple – Apple Watch -内蔵アプリケーション

スクリーンショット 2015-03-10 12.58.46

Apple WatchリモートカメラアプリがiPhoneカメラを使った写真ライフを劇的に変える理由

Apple Watchのリモートカメラアプリは、下記のようなシーンで活躍しそうです!

・集合写真用
→iPhoneをiPhone用三脚ホルダーで固定し、Apple Watchでシャッターを切る(これで自分自身も写真に入れる!)

・一人旅自分撮り用
→一人旅だと、なかなか自分自身の写真を撮れないのが悩みですよね。(腕を伸ばして撮る自分撮りだと、全部同じ写真のように見えてしまうのでw)

そこで、これまたiPhone用三脚ホルダーでiPhoneを固定することでApple Watchからシャッターを切り、自分自身が写った旅の思い出を残すことができますね!

・背の高い人にiPhoneを持ってもらい、高い位置から写真を撮る用
→人混みなどの中心にいる芸能人を撮りたい時って、よく腕を上げて適当にシャッターを押している人をよく見かけます(笑)
こんな時にも、背の高い人にiPhoneを持ってもらいApple Watchでシャッターを切れば確実に撮れそうです。

・・・とまぁ、パッと思いつくだけでもこれだけ活躍の場があるので、他にも様々な場面でApple Watchのリモートカメラ機能は役立ちそうです。

これらから分かることは、これまで自分で直接操作していたiPhoneカメラを離れた場所から遠隔操作できるようになるということです。
これによって、自分も写真に入ることができるようになるし、また、これまで撮れなかった風景を遠隔操作によって撮ることができるようになります。

今まで、「こうしたいのに・・・」と思っていたことが、リモートカメラアプリによって実現できる可能性があるということは、これまでのiPhoneカメラを使った写真ライフを劇的に変化させるポテンシャルを秘めていると言えますね。

おわりに

ついにそのベールを脱いだApple Watch。
このデバイスの登場によって、どのように人々のライフスタイルが変わっていくのか今から楽しみです。

くどいようですが、今回の記事で紹介したApple Watchのリモートカメラ機能は、iPhoneカメラを使った写真ライフを変えるポテンシャルを秘めていると言えます。
実際、私もこれだけのためにApple Watchを買いたいくらい。
(予算の都合でたぶん今回は見送りますが 涙)

ぜひ、今後Canonなどのカメラメーカとも連携して、多種多様な機種のリモートカメラとして対応することも期待しています。
(ぜひ、EOS6D2はApple Watchのリモートカメラと連携してほしいですw)

※EOS 6DはEOS Remoteというアプリを使ってリモートシャッターができますよ♪
EOS Remoteは2014年11月時点でiOS8.1未対応ですが今のところ使えています
iPhone買い替え後の初回EOS Remote使用時にWiFi接続パスワードを求められたけど分からない。そんな時には再設定!