週間人気記事ランキング

風邪予防の極み!年4, 5回は風邪をひいていた私が風邪をひかなくなった理由

風邪予防の極み!年4, 5回は風邪をひいていた私が風邪をひかなくなった理由

私ごとですが、4ヶ月に1回くらいの割合で風邪をひいてました。
春・夏・秋・冬にほぼ一回ずつです。

喉の痛みから発熱→咳が止まらないというパターンがほとんど。そんな私が辿り着いた結論

このパターンばっかりです。

「あ、なんか喉がイガイガするなー」って思ってたら、だんだん体調が悪くなり終いには発熱。
治りかけになると、咳が止まらないってパターンです。

根本原因は分かりませんが、だいたい四半期ごとに風邪をひいていたので仕事の疲れが出てくるタイミングなのかもしれませんね(笑)

喉の痛みからくるなら、そうならない対策をしよう

なんとか喉の痛みを回避することは出来ないだろうか?
そうすれば、風邪をひく頻度は下がるはず。

そう考え、いろいろと試した結果、たったひとつの結論に辿り着きました。

それは「マスクを着用する」ことです!

当たり前すぎますよね?
でも、これが一番効果があると思っています。実際、私はここ2年間で1回しか風邪をひいてないです。(もちろん手洗い、うがいもちゃんとやってますよ)

唯一風邪をひいた1回もオールナイトでカラオケした翌日だったので、やっぱり喉から来てるんですよね。

マスクの効果はすごい!

改めてですが、マスクって手軽にできる最強の風邪予防対策だと思うんです。

マスクを着用することで得られる主な効果は下記のとおり。

・飛沫感染対策になる(鼻・口からのウイルスの吸引を抑える)
・マスク内側の湿度を高める(乾燥を防ぐ)

当たり前じゃんという感じですが、これって風邪を引く要因を殆どカバーしていますよね。

つまり、マスクの着用有無で上記の対策をしているかしていないか、という差になるわけです。

外出時はもちろん可能な限り就寝時もマスクをつける

「喉が痛くなるタイミング」ですが、私の場合は起床時。
朝起きたら喉が痛くなっていてそのまま風邪をひく、というパターンです。

たぶん、口を開けて寝ているんでしょうね(汗)
真冬時は部屋の湿度が20%くらいまで下がるので、口を開けて寝てたらそりゃあ喉を痛めますわね。

なので、寝る時もマスクをすることにしました。
ただ、さすがに鼻まで覆うと寝苦しいので、寝る時は口だけをマスクで覆うようにしました。

これが効果抜群!!
マスクで口を覆うことによって内側の湿度を高めることができるので、朝起きて喉が痛くなっていることは皆無。

これで私は殆ど風邪をひかなくなった、というわけです。

ちなみに私が愛用しているマスクがこちら

EOS 6D:EF50mm F1.8Ⅱ

EOS 6D:EF50mm F1.8Ⅱ

安全・安心の日本製マスクです。
マスクによっては長時間つけていると耳の後ろがゴムのせいで痛くなってしまいますが、このマスクは痛くならないので長時間付けておけますね。
あと、粗悪品のマスクはすぐにゴムが切れてしまいますが、このマスクは丈夫にできているので、その心配もないです。

ちょっとお高いですが、費用対効果は抜群だと思うのでオススメですよ♪

「風邪はよく引くけど、マスクはちょっと・・・」という方、まずは自宅に置いてあるマスクでよいので着用する習慣をつけてみてはいかがでしょう。
寝る時に付けるだけでも、変わってくるかもしれませんよ?

関連記事:唇が乾燥して痛い!そんな時の保湿対策はマスクとリップの二刀流で