週間人気記事ランキング

結婚式場決定!私たち夫婦が式場決定に重要視した5つのポイント

結婚式場決定!私たち夫婦が式場決定に重要視した5つのポイント

まことに私事ながら、前回の記事で結婚式場を探していることを書きました。

関連記事 :30人以下の少人数で結婚式場を申し込むと3ヶ月前からしか申し込みできない式場があるので要注意!

結果的に数十箇所の式場をWebで検索し、そこから5つの式場を実際に見学。
そして、5つの式場の内から1つに決めて申し込みを完了させました。

正直、ここ2〜3週間は式場探しで頭がいっぱいでした。
どの式場もそれぞれ長所と短所、個性があり、「どこにすれば自分達にとって一番良い式にできるか?」という迷いで、なかなか決め切れなかったからです。

おそらく、これから式場を探す方も同じような経験をするかもしれません。

そこで、今回は私たち夫婦が式場決定の判断材料として重要視した「5つのポイント」について書きます。

目次
1.私たち夫婦が式場決定に重要視した5つのポイント
2.5つのポイントを重要視した理由
3.「お金」を重要ポイントにしなかった理由
4.おわりに

1.私たち夫婦が式場決定に重要視した5つのポイント

いきなり結論ですが、私たち夫婦は式場を決定するにあたり、以下の5つのポイントを重要視しました。

・時期
・少人数可
・楽器の演奏可
・アットホームな雰囲気
・式場スタッフさん達の対応

いかがでしょう?
ご自身が重要視するポイントと重なる部分もあれば、そうでない部分もあるかと思います。
特に私たち夫婦の場合は、「少人数可」や「楽器の演奏可」などを条件に入れているので、一般的な式場探しより苦労した方かと勝手に思っています(^-^;)

さて、大事なのは「上記5つのポイントを重要視した理由」です。

それぞれ、語っていきましょう。

2.5つのポイントを重要視した理由

まず、私たち夫婦は下記のようなテーマで式を催そうと話し合いました。

”来てくれる方たちに、これまでの感謝の意味を込めてリラックスした気分で存分に楽しんでもらいたい。そして自分たちもみんなと一緒に楽しむ”

これを実現するために、先に述べた5つのポイントを重要視することになりました。

理由は下記のとおり。

時期

これはやはり参列者が過ごしやすい季節にしたいから。
これに尽きます。

私たちの場合は、11月に式を挙げられる式場を探すことにしました。

少人数可

今回は、これまでの人生で特にお世話になった「親族」を対象にした会にしたいという意見で夫婦ともに一致しました。
なので、親族20〜30名くらいでも受け入れてくれる少人数可の式場が、式場を決定するための条件となりました。

式場によっては、参加者が20-30名程度だと3ヶ月前からしか申し込みできないところがありましたね。

楽器の演奏可

今回は披露宴会場を使い、親族みんなで楽器の演奏をやろうとしています。
なので、楽器(アコースティックギターや三味線)の持ち込み可および、妻が演奏するためのピアノが置いてあることが必須条件となりました。

これも意外に無いので苦労しました・・・
特にピアノは大掛かりな移動ができないので、同じ式場内でもピアノが置いてある披露宴会場・フロアが違うと持ち運びできなかったりします。
なので、少人数用の披露宴会場にピアノが置いてあるかを都度、確認する必要がありました。

アットホームな雰囲気

私たち夫婦の中では、「アットホームな雰囲気」=「披露宴会場にテラスがある」と具体化しました。
理由は、先に述べた「楽器の演奏(ギター、三味線)」をテラスでやりたいから。

やはり、テラス席に親族みんなで出て、青空の下でのんびり楽器を弾いて歌ったりするって幸せな時間だと思うのです。
(雨が降ると最悪室内になりますがw)

ここまででお気づきのように、ある程度やりたいことをイメージしておくことで式場はどんどん絞れてきます。

式場スタッフさん達の対応

最後はやはりこれ。
どんなに良い式場でも、スタッフさんの対応がイマイチだと不安になります。

結果的には、私たちが見学した式場のスタッフさんたちは、いずれも皆さん親身に話を聞いてくださり、提案してくれたのでここで差はつけることが出来ませんでした。

3.「お金」を重要ポイントにしなかった理由

私たちは、各式場が提示してくる見積もり金額を比較しないことにしました。
(もちろん予算限度額は決めておき、これを超えないことを前提で探しましたし、減額交渉もしましたw)

理由は、簡単。
上記で述べてきた「重要視する5つのポイントで式場を決めることにしたから」です。

面白いことに、私たちの場合は見積もり費用が一番高かった式場にしました。
重要視する5つのポイント全てを満たしていたからです。

もし、5つのポイント全てを満たす式場が複数あったらどうしたか?
私たちの答えは、「5つのポイントをさらに掘り下げて比較する」です。

例えば、「よりアットホームな式場はどれか?」、「よりスタッフさんのレベルが高いのはどちらか?」などです。

4.おわりに

今回は私たち夫婦が式場を決定するにあたり、重要視した5つのポイントとその理由を紹介しました。
こんな風にサラッと書いていますが、ここに至るまでに夫婦で喧々諤々の話し合いや、悩みを繰り返しました(笑)

式場の決定に正解は無いと思います。
サクッと決まるカップルもいれば、なかなか決まらないカップルもいます。

大事なのは、「納得して式場を決めたか」どうか
もし、悩んでいる方がいたらぜひ「自分たちが大事にしたいこと」を軸にして式場を探してみてはいかがでしょう

※偉そうなことばかり書きましたが、私たちも式の準備は始まったばかり。
8月頃から本格的に式場との打ち合わせが始まるので、しばらくは夫婦だけでのんびり楽しみながら進めていこうと思いますw

関連記事 :30人以下の少人数で結婚式場を申し込むと3ヶ月前からしか申し込みできない式場があるので要注意!

関連記事 :結婚式の演出アイデアとしてラストバイトがオススメ。ファーストバイトの前にいかがでしょう

関連記事 :私たち夫婦が結婚式に向けて実践した節約と貯金