週間人気記事ランキング

タムロン15-30mm VS EF16-35mm F4L IS USM。両レンズ購入前の2つの検討ポイント

タムロン15-30mm VS EF16-35mm F4L IS USM。両レンズ購入前の2つの検討ポイント

先日の記事でシグマ18-35mmとタムロン15-30mm購入前の検討ポイントを書きました。

関連記事:タムロン15-30mm VS シグマ18-35mm。両レンズ購入前の3つの検討ポイント

これを書いた直後、嫁がボソリ。

嫁「私の場合は、タム15-30mm F2.8とEF16-35mm F4で悩むけどねー。」
私「HAHAHA!キミぃー。同じ値段ならF値の低いタムロン15-30mmの方がいいでしょうが!検討の余地なしだYO!」
嫁「あー、でも純正の方が赤ハチマキだしカッコイイじゃん。それにF4でIS有りなら殆ど困らないっしょ。」
私「お、おう・・・」

たしかに一理ありますな・・・
ということで、今回はタムロン15-30mm VS EF16-35mm F4L IS USMで購入前の検討ポイントを整理してみたいと思います!

(公式HP)
Canon:EF16-35mm F4L IS USM
タムロン:SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)

目次
1.スペック比較
2.検討ポイントその1:スペックで決める!
3.検討ポイントその2:ブランド力で決める
4.まとめ

1.スペック比較

まずは、両レンズの主なスペックを比較してみましょう。
下記が、比較表です。
(価格は2014/12時点のメーカー希望小売価格を掲載)

EF16-35mm vs tamron15-30mm

EF16-35mm vs tamron15-30mm

比較表を見ると分かるとおり、大きな違いは下記ですね。

・画角
・開放F値
・重量

これらを踏まえて以下、検討ポイントを整理していきます。

2.検討ポイントその1:スペックで決める!

先に書いた両レンズの主なスペック差異である「画角」、「開放F値」、「重量」以外はほぼ同様といってよいでしょう。(若干、価格差もありますが、まぁ両方とも同じくらい高いってことでw)

・画角について
両者ともに広角レンズですが、よく見るとCanonの画角は16-35mm、タムロンは15-30mm。
つまり、Canonの方が望遠より、タムロンの方が広角よりになります。

もし、広角レンズだけど多少は望遠よりも使いたいならCanon16-35mm。広角側を重視するならタムロン15-30mmということになりますね。

・開放F値について
これは断然タムロンの方が有利。この画角と価格でF2.8を味わおうと思ったらタムロン15-30mmは唯一無二のレンズと言えます。
(純正EF16-35mm F2.8は倍の値段するので今回は検討外)

ただ、シャッター速度稼ぎが目的でF値を比較しているなら、少し検討の余地があります。
例えば、私が使っている6Dの場合、ISO6400くらいまでは殆どノイズが気になりません。
(おそらく5D3も同様のはず)
関連記事 :EOS 6D

なので、シャッター速度稼ぎでF値に頼らなくてもISOでカバーできるのでは、と考えています。
このあたりは、個々人の主な撮影シーンや、その時の設定状況(ISO, F値, シャッター速度)を確認しておいたほうがよいでしょう。

・重量について
これはCanonの方が軽いですね。
(F値が違うので当然といえば、当然の結果)

まとめると、両者のレンズを単純にスペックだけで決めるなら目的によって購入するレンズが変わってきます。つまり、軽さ重視であればCanon、ボケ重視・シャッター速度を稼ぎたいという目的であればタムロンになりますね。

3.検討ポイントその2:ブランド力で決める

さて、少し視点を変えましょう
スペックだけで決める場合は、先に述べたように目的別にかなりハッキリと両レンズの選択肢を分けることができました。

ここで私の嫁のように「ブランド」重視という視点で選択するとどうでしょうか。
特にCanonの純正レンズの場合は「Lレンズ」と呼ばれる高級レンズ製品ライナップがあります。

Wikipediaより
“Lシリーズの「L」は、”Luxury”(贅沢な)を意味し、「プロの品質と呼ぶに相応しい、画期的な描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたキヤノンEFレンズLシリーズ」と謳われている”

何を隠そう、このEF16-35mm F4L IS USMもLレンズ!
レンズ名の中に「L」が入っているでしょ?これがLレンズであることを指しています。

また、Lレンズの特徴が通称「赤ハチマキ」と「白レンズ」と呼ばれる外観。
今でこそ私は何とも思いませんが、初めてLレンズを装着して外に持ち出した時は宙に浮いた気分でした。

「赤ハチマキ」だけ目立ちますよね?

「赤ハチマキ」だけ目立ちますよね?

白レンズ

白レンズ

そんなこんなで、スペック上はほぼ互角・・・どうしようかという時は「エイやっ」とブランド力の純正を購入してしまうというのも手かもしれませんね。

とはいえ、最近のタムロンレンズも外観がカッコイイので判断が難しいところ。

もし可能であるなら、後悔しないように実機を触ってみた方がいいでしょうね。

関連記事 :カメラやレンズを購入して後悔しないための3つの方法

4.まとめ

今回は、タムロン15-30mm と Canon16-35mmを購入する前に以下のポイントで検討してみました。

・検討ポイントその1:スペックで決める!
・検討ポイントその2:ブランド力で決める

前回の記事でも書きましたが、私は予算面で今は買えません(涙)
もちろん、買う際は上記のポイントで検討していきます。

実はシグマ18-35mmとタムロン15-30mmの組み合わせよりも、今回の記事の組み合わせで悩んでいる方が多いのかな。
参考になれば幸いです!

(関連記事)

ScreenshotCanon EOS 7D MarkⅡがついに発表!買おかな・・・6Dと迷うな・・・そんな時の検討ポイント
Screenshotカメラやレンズを購入して後悔しないための3つの方法
Screenshotタムロン15-30mm VS シグマ18-35mm。両レンズ購入前の3つの検討ポイント
ScreenshotEF11-24mm F4L USM vs EF16-35mm F4L IS USM。両レンズ購入前の1つの検討ポイント
ScreenshotEF11-24mm F4L USMが高すぎて買えない?じゃあSIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMなんていかが?
Screenshotおこづかい制でも大丈夫!高価なカメラやレンズを無理なく購入するオススメの方法
ScreenshotCanon EF35mm F2 IS USM vs SIGMA 35mm F1.4 DG HSM。私が前者購入に至った3つの検討ポイント