週間人気記事ランキング

横須賀からフェリーに乗って猿島へ♪バーベーキューも海も森も無人島で楽しめちゃう!

横須賀からフェリーに乗って猿島へ♪バーベーキューも海も森も無人島で楽しめちゃう!

暑い夏も終わりましたね!
これからは食欲の秋!秋と言えばBBQですね!

私も5, 6, 9, 10月のどこかは、ほぼ必ずBBQに行くほどBBQが大好きです♪
私の主な行動範囲である東京、神奈川、千葉だけでもBBQ会場はたくさんありますが、その中でも「猿島」は大満足なBBQ会場だったので、今回ログっておこうと思います。

目次
1.猿島って何?
2.猿島BBQの予約は比較的とりやすい
3.BBQだけじゃない猿島の魅力
4.まとめ

1.猿島って何?

私もついこの間まで、猿島の存在を知りませんでした(笑)
でも、調べてみると結構すごいんです。

Wikipediaより
“猿島(さるしま)は、東京湾に浮かぶ無人島であり、湾内最大の自然島である。
(途中略)
幕末から第二次世界大戦前にかけては、東京湾の首都防衛拠点となる。幕末の1847年(弘化4年)に江戸幕府により国内初の台場が築造され[1]、明治時代に入ると陸軍省・海軍省の所管となり、東京湾要塞の猿島砲台が築造された。”

ちょっとスゴくないですか?
東京湾に無人島があって、しかも戦時中の要塞が残っているような場所でBBQができるとは・・・

都内からは若干遠いですが、それでも横須賀市なのでちょっと頑張ればいけちゃいますね。

アクセス方法については、コチラが参考になります。

2.猿島BBQの予約は比較的とりやすい

私がBBQを企画する際に苦労するのが、人気スポットは2, 3ヶ月前から予約しないとなかなか取れないこと。
例えば、昭和記念公園なんかは超人気ですよね。(いつも予約が取れずに行ったことありません・・・)

その点、猿島の場合は、持ち込み可・片付け不要・備品レンタル有りという好条件にも関わらず、比較的予約が取りやすいです。(2014/9月現在)
私の場合だと、2,週間前くらいでも予約が取れちゃいました。(たぶん1週間前や、直前でも取れるかと)

ただし、私の経験上、下記2点は注意しておく必要があります。

注意点その1

「猿島に行くためには、クルーザーに乗る必要がある」
これは、猿島ならではの醍醐味とも言えますし、制約とも言えます。

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

横須賀中央駅から徒歩15分程度にある三笠桟橋から、所定の時間(1時間に1本程度)に出航するクルーザーに乗って、猿島に向かいます。
なので、横須賀中央駅(あるいはその他駅)までの往復交通費+クルーザー代往復料金(¥1,300)がかかります。(2014/9月現在)

経験上、猿島BBQの参加率は高いのですが、万が一「船はNG / 交通費がかさむからNG」という方がいるかもしれないので、お誘いする時には、この点を事前に伝えておいた方がよいかと思います。

注意点その2

「場所取りは当日早いもの勝ち」
予約の早い・遅いでBBQ場所の指定が変わることはありません。
無人島なので、当日早く行った人からBBQエリア内の好きな場所に陣取ることができます。

ということで、シーズンだと昼から行っても陣取れる場所が空いていない可能性が高いです(涙)

場所さえ取ってしまえば、後はBBQを楽しむばかり♪
BBQエリアは、なんと海岸沿いに設置できるので、海でも遊べちゃいます♪

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

持ち込み自由なので、好きな肉、お酒、料理を作れるところも、猿島の良いところ♪
EF17-40mm_023EF17-40mm_024

大人のBBQということで、〆はリゾットなど・・・(笑)

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM


備品は、下記写真の左側にある場所でレンタルできますよ♪(レンタル品一覧

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

 

ちょっと分かりにくいですが、写真奥のようにテントやテーブル、チェアなんかも気軽にレンタルできちゃいます♪

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

 

以上のことから、猿島でBBQをする場合は、クルーザーの始発便(8:30)で行くことを激しくお勧めします。
私の場合だと、下記のように隊を分けて来てもらうようにしています。
・場所取り隊 :始発便
・食材隊 :次々初便
・のんびりしたい人 :都合の良い便

BBQ運営会社のスタッフさん含め、始発便まで猿島は完全な無人島なので、独特の島の雰囲気を味わえますよ♪

3.BBQだけじゃない猿島の魅力

猿島は戦時中、要塞として使われていたこともあり、ひとたび島内に入ると森なんです!
写真を趣味とする私としては、どこもかしこもシャッターを押したくなる風景ばかり!!

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

 

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

東京湾というとあまりキレイなイメージがありませんが、猿島あたりまで来ると海が透き通っていて、めちゃめちゃキレイですよ♪(普通に魚や、ヒトデが見えます)

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

海と森が醸し出すマイナスイオンと、戦時中の歴史的遺物・・・とBBQ以外にも非日常的な雰囲気を楽しみことができます♪
(そして、始発便で真っ先に島内に入ると誰も人がいないので、写真を撮るならこのプランがオススメ)

帰る頃には、すっかり夕陽も傾いて。
朝から飲んで、話して、探索して・・・いつもここに来ると遠くまで旅行に来た気分になります。
でも、ここは東京湾。神奈川県横須賀市なんですよね(笑)

すっかりリフレッシュした後は、帰りのクルーザーの中で、また現実世界で頑張ろうという気分になる私であります(笑)

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

 

猿島

EOS 6D:EF 17-40mm f/4L USM

4.まとめ

今回は、BBQスポットとして、私の経験から「猿島」をオススメさせてもらいました!
写真を撮るだけでも、一回足を運んでみる価値のある「猿島」。ぜひ、涼しくなった今、お出かけ場所の候補にしてみては♪