週間人気記事ランキング

カメラを趣味にするといくらかかるの?私の場合でよければお話します!

カメラを趣味にするといくらかかるの?私の場合でよければお話します!

カメラを趣味にして、早いもので10年くらいが経とうとしています。
カメラを始めた過去から現在にかけて、私の中で、今使っている機材一式が一番投資している気がします(笑)

いったい、いくら位カメラに投資したのか?
そして、これからカメラを初めてみようかなと思っている方に、どれくらい必要かを伝える目安を整理しておこうと思います。

目次
1.必要な機材にかかった費用
2.オプション機材にかかった費用
3.その他費用
4.まとめ

1.必要な機材にかかった費用

まずカメラを始める上で必要なもの。
それは「カメラ」に他なりません!

ただ、カメラ本体で撮影した写真を記録する「メモリーカード」も必要になります。

メモリーカードには、いくつか種類があるので店員さんに聞いたり、製品HPを見て確認しておくと安心ですね。

私の場合は、下記のようになります。

◆IXI Digital 900IS購入時
合計 :¥45,000
(内訳)
・本体 (¥40,000)※概算
・SDカード (¥5,000)※概算

◆Powershot s90購入時
合計 :¥55,000
(内訳)
・本体 (¥50,000)※概算
・SDカード (¥5,000)※概算

◆EOS Kiss Digital X購入時
合計 :¥25,000
(内訳)
・本体 (¥25,000)※友人から安値で譲ってもらったため
・レンズ(¥0)(上記に含まれていたため)
・SDカード (¥5,000)※概算

◆EOS KissX4購入時
合計 :¥90,000
(内訳)
・本体 (¥90,000)※概算
・レンズ(キットレンズ。上記に含む)
・SDカード (¥0)※EOS Kiss DigitalX用を流用

◆EOS Kiss X6i購入時
合計 :¥80,000
(内訳)
・本体 (¥80,000)※概算
・レンズ(¥0)※本体のみ購入
・SDカード (¥0)※EOS KissX4用を流用

◆EOS 6D購入時
合計 :¥160,000
(内訳)
・本体 (¥160,000)※概算
・レンズ(¥0)※本体のみ購入
・SDカード (¥5,000)※概算

以上から、
新品のコンデジクラスであれば¥50,000前後、
APS-Cクラスであれば(本体だけなら)¥80,000〜
フルサイズクラスであれば(本体だけなら)¥160,000〜を見ておくと良いですね。

※製品や、購入方法によって前後しますのであくまで目安です。

2.オプション機材にかかった費用

オプションとして考えられる機材として、コンデジ、デジイチ関係なく、あると便利な機材の筆頭が「PC(パソコン)」です!

PCは写真活動を、主に下記の観点でサポートしてくれます。

PCのメリット
a) 写真(データ)を保存できる
b) 写真(データ)を編集できる
c) 写真(データ)を活用できる

a)については、カメラに装着しているメモリーカード上の写真(データ)をPCに保管することで、メモリーカードが万一故障した際の写真(データ)の消失を防ぐことができます。
また、PC上に保存した写真(データ)をプレビューやスライドショーして閲覧することも出来ますね。

b)については、PCに導入した写真の編集ソフトウェア(AppleのiPhotoや、AdobeのLightRoomなど)を使って、写真を編集することができます。

c)については、PCで動画やスライドショー、アルバムなどを作る場合に、PC上の写真を使うことができます。

・・・とまぁ、メリットを書いては見たもののa)〜c)についての詳細はまた別の機会にでも。。

そんな私が購入したPCは、
MacBook Pro Retinaモデル(2012 Mid)¥210,000 ※概算
メモリを16GBに増設してます。

写真編集だけだったら、8GBでも良いかもしれませんね。

これに下記ソフトウェアを購入してます。(概算です)
・Apple Aperture3 :¥8,000
・Adobe Lightromm :¥12,000(Creative Croud年会費)

3.その他費用

その他、カメラを趣味にする上で購入した機器がコチラ。
(全て概算です)

◆レンズ
-Canon EF70-200mm F4L IS USM (¥120,000)
-Canon EF17-40mm F4L USM (¥100,000)
-Canon EF50mm F1.8 II (¥10,000)
-Canon EF35mm F2 IS USM (¥80,000)
-SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO (¥40,000)
-TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (¥30,000)
-Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(¥90,000)
-SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM(¥40,000)

◆スピードライト
-Canon Speedlite 430EX Ⅱ(¥30,000)

◆防湿庫
-東洋リビング (¥30,000)

4.まとめ

そんなこんなで、1〜3で記載したとおり、私がカメラ機材に投じた費用は下記のとおりとなります。

・カメラ総額 :¥455,000
・PC関連 :¥230,000
・レンズ :¥470,000
・スピードライト :¥30,000
・防湿庫 :¥30,000

・合計 :¥1,215,000

ぶほっ!!!!100万超えてますね・・・
どうりで貯金が無いわけです(涙)

何はともあれ、カメラはハマるととことんお金を使ってしまう趣味だということが、この記事を書いていて再認識しました。

でも、「写真」という趣味は決してこんな金額は必要ではなく、数万円の投資で素晴らしい写真を撮れる良い趣味だと思います。

私の場合は、何度もカメラを乗り換えたり、無駄にハイスペックなPCを買ってみたり、レンズを何本も購入した結果こうなっていますが、あくまでカメラ機材にハマるとこのくらい行ってしまうんだなーと、冷ややかな目で見ていただければと思います(笑)